TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア旅行0
photo03.jpg

97年に世界一周旅行へ出かけたものの、途中から成り行きまかせにチベット問題をテーマにしたドキュメンタリー映画『チベットチベット』の撮影旅行になってしまった。
その後、01年,04年には『雲南COLORFREE』の撮影のため雲南省旅行。
04年には民族衣装を追いかけてグアテマラ旅行(未編集)
05年、『呼ばれて行く国、インド(仮題)』の撮影のためインド旅行(現在編集中)
と、作品制作目的の旅が続いた。
幸せなことなんだけど、「そろそろカメラを持たない自由な旅がしたい」
そうこぼしたら9月の誕生日に妻がカンボジア行きのエアチケットをプレゼントしてくれた。

そんなわけで、11月12日から2週間の予定で念願の完全フリー旅行へ行くことになった。
最近は「地球の歩き方」を見ながら予習していて、頭の中はカンボジアのことで一杯。
とても楽しみにしていると同時に、妻の慈悲に感謝している。



100% LOVE & PEACE PARADE
100% LOVE & PEACE PARADEというイベントの撮影をした。

parade01_p.jpg

このイベントは帽子作家のルーちゃんが毎年開催しているパレードで、毎回規模を拡大しながら今年3度目を迎えた。
約50人のダンサーやミュージシャンが派手な衣装を身に纏い、松濤のアトリエから代々木公園を抜け、表参道を通り抜け、青山通りにあるスパイラルビルまでパレードするというもの。

parade.jpg※写真は渋谷経済新聞より

ルーちゃんの作る帽子と衣装は先日亡くなられた忌野清志郎さんもお気に入りだった。
もし今も生きておられたら、きっとこのパレードにも参加されていたことだろう。

parade2.jpg※写真は渋谷経済新聞より

パレードの後は、ゴール地点となったスパイラルビル地下1階のキッチン&バー「EATs and MEETS Cay」にてパフォーマンス、ライブペイント、ライブ演奏なども展開した。

最後にルーちゃんからの挨拶
「来年はパリでパレードをやりたい」
と、海外進出に向け意気込みを見せた。
100-2.jpg

寿[kotobuki] in 韓国
寿[kotobuki]のDVD制作を依頼された。
活動25周年記念を記念してDVDにしたいという。
kotobuki.jpg

寿[kotobuki]はボーカル担当のナビィ(広島県安芸郡熊野町出身)と、ギター・三線担当のナーグシクヨシミツ(沖縄県那覇市楚辺出身)のユニットだ。

先日、撮影のため韓国まで同行してきた。
僕にとっては10年ぶりの祖国だったので、この仕事にとても感謝している。
会場となった仁川アートセンターには大勢の韓国人が詰めかけた。
お客さんは沖縄弁はもとより日本語すらわからないが、ナビイの生命力あふれる歌声に聞き惚れていた。
人は誰しも、この世に何か果たすべき役割があって生まれてくるとすれば、
この二人は歌を届けるために生まれてきて、出会うべくして出会ったのだろう。

そんな彼らの一音一音には迷いがなく力強い。
今後も彼らのライブに同行し、25周年記念にふさわしいDVDに仕上げたいと思う。

『龍岩祭2009』
山形の『龍岩祭』という音楽フェスティバルに行ってきた。
今年で4回目になる龍岩祭は東北では最も大きな夏フェスだという。

th__MG_9767[1]
僕は名古屋のバンド『タートルアイランド』のライブに感動した。
ボーカルのヨシキは
おりゃ!おりゃ!みんなで行くぜ!無人島!革命だ!!
とか、何言ってるか全然聞きとれないけどものすごい勢いで盛り上げ、何十人もの野郎が人頭の上にダイブしていた。
th_DSCF1877[1]
th_DSCF1858[1]
タートルのライブでは毎回ダイブでケガ人が出るというが、ホント、よくやるよなあ・・・。

会場となった蔵王スキー場(黒姫ゲレンデ)は冬はスキー客で賑わうが、夏は閑散としている。
そこに目を付けた主催者のヤス君は、フェスの入場料を無料にすることで多くの人を呼び込むことに成功し、蔵王温泉街に希望の光を灯した。
観客にとっては温泉宿に泊まりながら音楽&ダンス三昧の3日間だった。
ありがとう!龍岩祭
また来年も行くぞー!!


〇龍岩祭
http://www.zaoryugansai.com/

〇タートルアイランド
http://www.turtleisland.jp/

〇夏の蔵王の救世主、ヤス君
th_DSCF2388[1]

「Hot Hot Hot!!! vol.1」~Super Spicy Summer Special!!!
昨日、東中野の驢馬駱駝というイベントスペースでベリーダンスのイベントを観てきた。
「Hot Hot Hot!!! vol.1」~Super Spicy Summer Special!!!~
hothothot-flyerfront-640px-766088.jpg
hothothot-flyerback-640px-746900.jpg
妻の友達のベリーダンサーLale小夜子さんが、ニューヨークから一時帰国して開催された。
Lale小夜子さんはゴールドの衣装に身を纏い、照明が当たるとまるで黄金色の宝石が踊っているようで息をのむほどに美しかった。
キュートでポップなベリーダンスのパーティ、他のダンサーもみな美しかった。
ブラジル・サンパウロ育ちのFarashaさん、Huleyaさん、アメリカ・ポートランド出身のHennaさん、マレーシア~東京育ちのTanishqさん、みな自分のスタイルを確立していて、踊ることで自分の女性性を存分にアピールしていた。

素晴らしいパフォーマンスを見ると、僕はすぐに撮影のことを考えてしまう癖がある。
もし自分が撮影するならどこに立って、どんな風にカメラをパンするか?ほとんど職業病だ。

会場に来ている人もベリーダンスをしている女性がほとんどで、みなカリスマダンサーの踊りを一目見ようと釘づけになっていた。
先日イベントをさせてもらったホリスティックアースの天輝ちゃんとタカPさんも来ていて、帰りに一緒にアフガニスタン料理を食べて帰った。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。