TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマ来日、11月福岡
今年2008年(仏歴2551年)の11月にダライ・ラマが福岡に来られる。
http://blogs.yahoo.co.jp/spaceship_dsm/folder/1083034.html
招聘するのは福岡県仏教連合会で、福岡の宗派を超えた900のお寺が参加している。
短い滞在でほとんど福岡にしか行かないようだ。
やるな福岡!
地方都市だけど国際平和にアピールしているじゃないか!

33629418_29.jpg


記念講演には8000人もの人が来るという。
九州の人にもチベットチベットを見てほしい。
チベットの事実を知った上でダライ・ラマの講演を聞いてほしい。
そうしたらダライ・ラマのことを勘違いしている人も、ダライ・ラマのご苦労をわかってくれるかもしれない。

以前ダライ・ラマ講演の質問タイムに一人の女性が手をあげて幸運にも指名され、大勢の前で言ったらしい。
わたしに光を送ってください
って、わたし一人だけかよ!
どうせならみんなに光を送ってあげてよ。
まぁダライ・ラマは一言「その質問には答えられない」と言って取り合わなかったらしいけど、その手の質問が3つぐらい続いたという。
こういう人にはぜひチベットチベットを見てほしいです。



  『ダライ・ラマ法王 来日特別記念講演』
  演題「幸せへ導く、慈しみのこころ」
   
   *日本語・手話通訳付き

平成20年11月4日(火)

時間 13:30~16:00(講演は1時間半)<開場 11:00>
会場 北九州メディアドーム(北九州市小倉北区三萩野3-1-1)
スポンサーサイト


コメント
北九州市が会場使用を拒否するようです
はじめまして、こんにちは。いつもブログ拝見しております。ところでダライ・ラマ法王の北九州市での講演の実現があやしくなってきたようですよ。ここにきて、講演会場に予定されている北九州市メディアドームを運営する北九州市(経済文化局 事業部)が、会場使用を正式認可した訳ではないと言い出し、会場を記した主催者作成の後援会のポスター・パンフレットの回収を要求。パンフレットの画像ファイルを掲載している後援会関係者の個人のブログに対しても削除するよう、なんと個別に連絡しているようです。
(北九州市の言論弾圧! http://bananaseed.iza.ne.jp/blog/entry/696410)より。

なお、北九州市(経済文化局 事業部)から、後援会パンフレットの削除を要求されたブログは確認できる範囲では「ブッポウソウblg」(http://blogs.yahoo.co.jp/spaceship_dsm)、「福岡県仏教連合会 サンガ奉仕の会」(http://ww2.tiki.ne.jp/~senjin/housi/sanga_index.html)で、パンフの削除に加えて、ブログ内の文章の修正まで要求されたという。やむなくパンフレットは削除されたようです。詳細は同ブログを参照のこと。しかし、北九州市はいったい何を考えているんだろう。以上、お知らせまで。


[2008/09/05 22:14] URL | 甲斐駒 #UhN.2XXY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/9-2f8a3ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。