TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の下の炎
バルティン・ギャッツォ氏と
今日は四谷でチベット僧、パルデン・ギャツォ氏の講演を聞きに行った。

パルデン・ギャツォ 氏は28歳のときにラサで中国のチベット侵略をデモ後進により平和的に抗議しただけで逮捕された。以来33年もの間、刑務所で肉体的、精神的拷問、飢餓、激しい労働など受けた。

92年に出所し、今なお不屈の精神と魂の炎を燃やし続け、チベットの人々のため世界平和のために祈り続けている。

講演に先立ち彼の人生を描いた最新のドキュメンタリー映画が上映された。
作者の楽真琴(ささ・まこと)さんもニューヨークから来ていた。
迫力のある話でもずっとインタビューシーンでは退屈だ。
さささんの映画はインタビューと共に写真やイメージ映像をタイミングよく見せ飽きさせない。
また活字のような情報がいっぱいの説明的な映画でもなかった。
しっとりとした空気感まで感じられる秀作だ。

この映画のすごいとこは、「ほんとなの?」とは言わせないところだ。
それはバルティンさんの修羅場をくぐりぬけてきた鋭い目が真実を語っているからだ。
壇上に姿を現したバルティン・ギャッツォ氏は小柄で、エンジの法衣に身を包み、エッジの効いたオーラを発していた。

ロビーで湯川れい子さんと会った。
チベットのためにご自身の立場からできる限りのアクションをしてる
しなやかで柔らかい物腰の本物のセレブだった。
セレブにはセレブにしかできないアクションがあるのだ。

ささ監督とも話した。
純粋でパワフルで正義感の強い女性。
情熱と自分の才能に振り回されないクールさを持っていた。

会場を出たところでバルティン氏が写メ攻めに遭ってた。
僕も握手させてもらった。
初めて会ったのにまるで旧友に再会したように出会いを喜んでくれた。
映画の中の厳しい眼差しとは打って変わって眼差しがやさしかった。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/8-2cb52986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。