TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビで見るダラムサラ
テレビでダラムサラのTCV(チベット子供村)の模様を見ることができます。


1/23 18:30~18:50 NHK BS1

アジアンスマイル
「“チベット子ども村”の祈り~インド ダラムサラ~」

インド北部ダラムサラに、中国から亡命してきたチベット人の子供たちが学ぶ学校“チベット子ども村”がある。自らも幼いとき亡命、この学校で教える若き教師の奮闘を追う。

インド北部のダラムサラにある全寮制の学校“チベット子ども村”。中国から亡命してきたチベット人の子供、1900人が学んでいる。チベット動乱から50年、今なお多くのチベット人が危険を冒して亡命してくる。

この学校で教えるツエリン・ノルブ(26歳)は、自らも7歳のとき親に送り出されて亡命。今は自分たちの宗教や文化、民族の誇りを子どもたちに伝えたいと教壇に立つ。若きチベット人教師の夢と奮闘を追う。

出演 【語り】山本太郎
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/56-8e12ff6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。