TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化はどこへ行ったのか?

東京は田舎に比べて視覚的には寒い印象が薄い。
しかし最近はあまりにも寒くて、ネオンにも目が向かない。
一体地球温暖化はどこへ行ったのか?
yukiIMG_5533.jpg


寒い中、友達のミック(ムービースタイリスト)が一人芝居の定期公演に出演した。
ストーリーは、実は以前猫だった(ミックが)がひょんなことから人間として生きることになって・・・
というちょっと切ない人間模様が織りなすファンタジー。ミックは5人の元猫の女性を演じる。
http://www.kazumic.com/cats/index.html#top
mic02.jpg
前回公演で僕もコメントを求められてこう答えた。

一人芝居で一つの役を演じ切るだけでもすごいのに何役もこなす姿には驚かされる。
女優だからか?魔女だからか?ホントはネコだったとか。
セリフの語尾に“にゃー”をつけないところに本物を見た。
               (キム・スンヨン/ドキュメンタリー映画監督)



ミックは数年前交通事故に遭い、生死を彷徨ったが奇跡的に復活を遂げた。
それ以降、ミックの生き方は変わった。
一言で言うと、利他的になった。
人は女神や天使にはなれなくても、限りなく他人を優先できるようになれることをミックに教えてもらった。
ミックのがんばりを見て元気をもらっている人は多いだろう。


この数日、ダラムサラへのスタディツアーの問い合わせが殺到している。

まだ空きはありますか?
ダライ・ラマに会える確立は何%ですか?
行きたいけどその日程では無理です。
行きたいけど今年は資金がないよ~。
一生行くことはないと思ってたインドに行けるチャンスなのに!
来年も開催しますか?
と言った具合。

ご安心ください、まだまだ定員には余裕がありますので。
締め切りは今月20日です。


スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/54-9255b889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。