TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア旅行1
アンコール遺跡を見るためにカンボジアを訪れたが、先ずは首都のプノンペンに着いた。
バックパッカーに人気の安宿キャピトルホテルの部屋(8ドル)

kyapitoru.jpg

希望の朝を迎え、窓から見た景色がカンボジアの第一印象だった。

窓

朝の通勤ラッシュ。
バイクがたくさん走ってて、東南アジアの典型的な景色。

キャピトル窓から見た道路

こんなにも交通量の多い交差点なのに信号機がない。
だけどこの国では普通のこと。

キャピトル交差点大

たまにぶつかりそうになるけどスレスレでするり。
カンボジア独特の交通秩序がハイレベルに保たれ、交通事故は意外と少ない。

キャピトル窓から見た交差点2

あ~あ・・・。

あーあ・・・

実は遺跡よりもインパクトを受けたことがいくつかあり、その第一位がカンボジア流の交通秩序だったのだ。
スポンサーサイト


コメント
すごい!
衝撃的ですね!

3人乗りとか普通なんですか??
車の横、ギリギリで見ていてヒヤヒヤします(>_<)

でもこの国の人たちはこれが当たり前だから、大丈夫なんでしょうね~。
スゴいなぁ…!
[2009/11/30 23:22] URL | ヨウコ #- [ 編集 ]


信号どころか中央分離線も横断歩道もないです。
家族4人でお出かけする姿もよく見かけました。
赤ちゃんは1歳から一番前につかまり立ちします。
カルチャーショックを受けました。。。
[2009/12/01 09:37] URL | キム・スンヨン #- [ 編集 ]


うわー! キャピトルホテル懐かしいです☆ そしてこの風景まさにカンボジアですね!
気候は如何でしたか?? あれから結構、たつし少しはかわったのでしょうかね?
アンコールワットの写真楽しみにしています♪
[2009/12/01 20:29] URL | ハルΨ #- [ 編集 ]


雨期が終わり、涼しい季節になったとはいえ日本の真夏と同じくらいの気温でした。
それにしても4日もキャピトルホテルにいたのに日本人バックパッカーに1人しか会いませんでした。
カンボジアは変わらなくても日本人バックパッカーは確実に減ってますね。
[2009/12/08 00:48] URL | キム・スンヨン #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/48-9774c3be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。