TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チベットチベット書籍化
6月に河出書房さんから書籍版の『チベットチベット』が出版される。

ラサ市街を見下ろすデプン寺の僧侶
郢昶・繝サ郢ァ蜷カ繝」郢昜コ・繝サ騾オ繝サtibetibe-001a-P007_convert_20090405135502

原稿はもう書き終わり、映画の静止画像の中から挿絵になる写真を選び出す作業に移った。
編集者の塚田さんと約100枚の候補の中から、33枚を選び出した。
最初の一枚に決定したのがこの写真。
いい絵だとは思うけど、意外にも静かな印象からはじまる。

選ばれた写真はどれも見ごたえのあるものばかりだった。
惜しくも33枚に選ばれなかった写真からいくつか見てみよう。


仏像の開眼法要を執り行うダライ・ラマ14世
tibetibe-12(02)_convert_20090405134937.jpg
はじめは順光で撮っていたが、回りのカメラマンのシャッター音が気になり出し、一人反対側へ回るとちょうど朝日が昇り始めて神々しく見えた。


人民解放軍の兵士
tibetibe-35(02)_convert_20090405134753.jpg
ポタラ宮殿前の人民広場で、非番の人民解放軍兵士が記念撮影をしていたので、僕も便乗して撮らせてもらった。書籍にはアップで写したものが選ばれた。


雪のヒマラヤ
tibetibe-76(02)_convert_20090405135146.jpg
標高5500メートル、夜中の気温マイナス20度の山小屋で雪に降りこめられる恐怖。
撮影するのは大変だったが、亡命してくるチベット人は命がけでここを越えてくる。


田口ランディさんに帯を書いていただくことが決定した。
初めて書いた本だけど、きっと素晴らしいコメントをくださると思う。


スポンサーサイト


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/04/06 20:01] | # [ 編集 ]

今日本を読んだところです。
キムさん、こんにちは。
「チベットチベット」を読みました。
 ダライラマにもチベット情勢にも両方関心があったので一気に読み終えました。想像していた以上にチベットの人は迫害されていてショックでした。中国の大部分の人はこの実情を知らないと思います。チベットの動乱があった時に中国人の友達に話をしましたが、メディアが操作しているようで「チベット人がチベット人を攻撃している」ようなことを言っていました。中国人は何もしていないと話す彼女の話を聞いて制圧している事実を中国は隠していると思いました。
 ダライラマの本や映画を読んでいたのでダライラマ自身中国の態度にに憤りを感じながらも対話での解決を望んでいるのだと思います。
 あと、キムさんの軌跡を読むうちにご自身に向けられた問題にも、きちんと向き合い行動を実際に起こして同時進行でひとつひとつ解決してきたように感じました。そういう生き方を尊敬します。
映画もみてみようとおもいました。
いい本に出会えて今日はいい日でした。
これからもがんばってください。
[2009/06/21 19:28] URL | michiko #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/32-c9a322ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。