TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トワイライツ
鶴田真由ちゃん主演の舞台トワイライツを見てきた。
真由ちゃんとは以前『雲南COLORFREE』上映後の対談相手になっていただいてからのお付き合いだ。
t_photo.jpg

物語は、
幼馴染みのA君と恋人になり結婚した真由ちゃんの悲惨な運命。
が暗転とともに終わり、最初に戻り、今度はB君と結婚した真由ちゃんの悲惨な運命。
が暗転とともに終わり、最初に戻り、今度はC君と結婚した真由ちゃんのそこそこの運命。
と、いう具合に展開。
あの時、ああすればもっと別の未来が・・・という輪廻にも似たパラレルワールド。

セットも衣装もモノトーン、設定もシンプルだったがそれには理由があった。
演劇は映画やテレビドラマと違い、観客の想像力が働いてはじめて成立するからだ。
カラーのマンガより白黒のマンガの方が読み手の想像力をかき立て、イメージの中でハイレベルに成立するのと似ていた。

真由ちゃんの演技もテレビと違った。舞台は何気に見れるものではなく、生で人が演じているので常に心を惹きつけられた。演技の使い分けからものすごい才能を感じた。
本を書ける才能の他に、本を読める才能があり、演技は読める才能に似ていた。

舞台俳優は当然長いセリフを全部覚えてる。
それだけでもすごいと思った僕には舞台は無理だろう。
素晴らしい作品なので再演の際にはぜひ見に行ってほしい。

鶴田真由ファンサイト
http://tsurutamayufansite.blog62.fc2.com/


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/27-0e25e67c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。