TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢上映会
金沢の上映会に行ってきた。
主崔はチベットチベット金沢上映実行委員会
後援はアムネスティ・インターナショナル金沢グループ、北國新聞社
会場は野々市常讃寺本堂
とちょっと堅そう。
いえ、真面目な市民団体も大歓迎なんだけど
   その実体は・・・?

実はメロメロポッチというフリースタイルバーに集うお客さんとマスターでした。
しかし彼らは毎晩ただバーでムダ話しながら飲んでるわけではなーい!
そんな日もあるけど最近はチベットのことを憂いながら飲んでいるのだ。
それだけでも十分チベットの人たちは喜ぶと思うけど彼らはついに上映会というアクションを起こしてしまった。

常讃寺の本堂にはチベット問題に関心のある人がたくさん来てくれた。
常讃寺もまた数少ない生きた寺だった。
お寺にファンが多いのがわかる。

ところが暑い暑い・・・、外は34度ある。
北国の寺は寒さ対策はしているものの、夏は窓を開ければ十分涼しい。
だけど映画の上映とあっては雨戸を閉めるよりほか仕方がなかった。
ヒマラヤで凍傷になるシーンもあるけど感情移入できるかな。

映画が終わりやっと雨戸が開かれ外の涼しい空気と共に僕が入って来た。
壇上からお話するのだが目の前には あまりの暑さにうだり顔になったお客さんがいっぱい。
全員に一枚ずつうちわが配られていたのでみんなぶんぶん扇ぎながらチベットの現状に耳を傾けてくれた。

翌朝は、バンビさんと松島さんが魚市場兼六園に連れて行ってくれた。
向こう側に見える山が美しい庭園。
また金沢へ行きたいです。
メロメロポッチさんまた何か企画してくださーい。


スポンサーサイト


コメント
ありがとうございました。
キム・スンヨン様。

本当にお世話になりました。
常讃寺さんでの上映は、チベットサポーターでは無い皆様にも沢山ご覧頂き、チッベトのことを紹介出来たことを大変うれしく思います。

上映が金沢のチベットムーブメント大きく進めることに繋がると嬉しく思います。
[2008/08/07 20:35] URL | Banbi #CWICkiQE [ 編集 ]

おお!
ブログに書いていただけるなんて嬉しいです♪
確かに一見固そうですよね(笑)でも北國新聞社後援だったっけ?
 また何か企画できれば良いのですが。。。
いつでも金沢へ遊びにいらしてください♪
[2008/08/08 00:50] URL | RINGO #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/14-8ab90577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。