TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライ・ラマ14世に異議あり
わしズム
小林よしのり氏のわしズム発売!
今回はなんとチベット特集!

タイトル見ただけでグラッとなった。
さすが長年に渡りごーまんかましてただけのことはある。
僕と小林よしのり氏は細かなところで意見が合わない。
彼から見れば僕は国防に対する意識がぬるいだろう。
だけど僕は彼の我が国日本を愛し憂う心意気と何より天才的な仕事量をリスペークト!!してる。
今回もよしりん的視点から世の中を目覚めさせるに十分な内容になっている。
マンガという万人に理解しやすいメディアで、ハイレベルにチベット問題の全体を紹介してくれている。これができる人は今の世の中小林よしのり氏しかいないのだ。

しかもアップリンク上映初日にチベットチベットを見てくださり、大いに気に入ってくださり上映後の舞台挨拶にも立って下さった。
そして対談を申し込んでくださり、その記事をカラーで載せてくれてます。
ほんとうにありがとうございました。

来る8月29日、横浜の映画館〝ジャック&ベティ〟で上映&トークイベントをやります。
小林よしのり氏×ペマ・ギャルポ氏×キム・スンヨン
かなり熱いバトルが予想されます。
ご希望の方は早めに予約してください。

◆『ダライ・ラマ14世に異議あり』はアマゾンで買えます。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%81%97%E3%82%BA%E3%83%A0-2008%E5%B9%B4-8-30%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B001COE6OO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1217606108&sr=1-1

◆横浜の映画館〝ジャック&ベティ〟
http://www.jackandbetty.net/
スポンサーサイト


コメント
こんにちは
はじめまして。
映画はもちろん、小林氏とのトーク・イベントに興味があるのですが、8月29日の間違いではないですか?
[2008/08/02 08:42] URL | えいじ #50jynCW6 [ 編集 ]

No title
教えてくれてありがとうございます。
早速訂正いたしました。
トーク見にきてくださいね。
[2008/08/07 14:20] URL | ラゴス #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/12-1953bbe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。