TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受難と祈りー、チベットを知るための夏
ポレポレ坐イベント
東中野のポレポレ坐で
  『受難と祈りー、チベットを知るための夏』
というイベントが開催されている。
http://tibet-free-tibet.com/index.html
会場にはチベット人の子供たちが描いた絵やチベットの写真が多数かけられ、チベット関係書籍やグッズの販売もある。ここで8月の24日まで毎日チベット関係の映画が上映されて、作者やチベット関係者がトークをする。

『チベットチベット』も上映プログラムに入っていて第一回目が昨日だった。
トークのメンバーは僕+現地チベット支援団体「ルンタプロジェクト」の中原氏+カメラマンの下田昌克氏+イベントスタッフの山福朱実女史。

中原氏と下田氏は先日ダラムサラで開催された「チべタンオリンピック2008」の話をしてくださった。
オリンピックと言ってもオリンピック級の選手が本気でやるわけではなくて、やりたい人がやりたい競技に参加するもので運動会の延長みたいだったけどめちゃめちゃ盛り上がったという。

中原さんが言うには、
チベット人もワールドカップのサッカー見たりスポーツ観戦は好きだけど、自分からやる人は少ない。
その理由は、チベットの学校には体育と音楽の授業がないから。
実際、亡命政府のあるダラムサラのTCV(チべタンチルドレンビレッジ)の授業にも体育と音楽の授業はない。
その理由は〝それらは学校で勉強するものではない〟というチベット人の一般的な考え方からきている。以前、国際的な少年少女の感覚を養うために体育を取り入れようかと検討されたこともあったが通らなかった。理由は、ダラムサラではチベット語も英語もヒンズー語もやらきゃいけないので、カリキュラムに体育を組み込む余裕はないと判断されたのです。とのことだった。

チベット文部省の見解は残念。
やはり体育の重要性についてわかってないからだろうな。
僕は学校の体育が好きだった。
勉強の間に息抜きできるし、クラスでやるバスケは最高に楽しかった。

北京は無理としてもいつの日かオリンピックで活躍するチベット人選手の勇士が見たいものだ。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tibettibet.blog50.fc2.com/tb.php/10-ddc48f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。