TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野美術大学上映
国分寺駅からバスで10分、武蔵野美術大学へチベットチベットの上映&トークに行って来た。

top-mainhead-img5.jpg

今回の上映は、武蔵野美術大学で教鞭をとっておられる探検家の関野吉晴氏の課外授業で開催された。
旅好きの僕にとっては憧れの大先輩だ。

sekino_profile.jpg


関野氏は、アフリカに誕生した人類がユーラシア大陸を通ってアメリカ大陸にまで拡散していった約5万3千キロの行程を、自らの脚力と腕力だけをたよりに遡行する旅「グレートジャーニー」を始められた。南米最南端ナバリーノ島をカヤックで出発して以来、足かけ10年の歳月をかけて、 2002年2月10日タンザニア・ラエトリにゴールされた。

gj.gif

武蔵美内の民族資料館からチベットの民具を借りて来て、上映会場に展示。
チベットに直接触れることができる。

IMG_1735_convert_20091208002619.jpg

卒業制作で忙しいシーズンにも関わらず、多くの学生が“チベット問題とは何か?”知るために駆けつけてくれた。

IMG_1699_convert_20091208003948.jpg

上映後に1時間トークをした。
ダライ・ラマ14世のメッセージで最も重要なこと「人間はみな同じ」を拙い言葉で必死に伝える。

IMG_1708_convert_20091208004730.jpg

打ち上げ会場はお好み焼き屋『サクランボ』にて。
このお店は30年前から武蔵美学生御用達だという。

IMG_1765_convert_20091208011004.jpg

女将さんによるとこの30年で学生の雰囲気はかなり変わったという。
昔に比べてみなタバコは吸わず、お酒もそれほど飲まず、激論や喧嘩もなくなってきたという。

IMG_1763_convert_20091208005549.jpg

左;この上映会の立役者hanageちゃん
中;関野さん
右;僕

P1050829_convert_20091208010331.jpg

また来たい、武蔵野美術大学。
今度は『雲南COLORFREE』の上映などはどうでしょうか?










テーマ:ドキュメンタリー - ジャンル:映画





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。