TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100% LOVE & PEACE PARADE
100% LOVE & PEACE PARADEというイベントの撮影をした。

parade01_p.jpg

このイベントは帽子作家のルーちゃんが毎年開催しているパレードで、毎回規模を拡大しながら今年3度目を迎えた。
約50人のダンサーやミュージシャンが派手な衣装を身に纏い、松濤のアトリエから代々木公園を抜け、表参道を通り抜け、青山通りにあるスパイラルビルまでパレードするというもの。

parade.jpg※写真は渋谷経済新聞より

ルーちゃんの作る帽子と衣装は先日亡くなられた忌野清志郎さんもお気に入りだった。
もし今も生きておられたら、きっとこのパレードにも参加されていたことだろう。

parade2.jpg※写真は渋谷経済新聞より

パレードの後は、ゴール地点となったスパイラルビル地下1階のキッチン&バー「EATs and MEETS Cay」にてパフォーマンス、ライブペイント、ライブ演奏なども展開した。

最後にルーちゃんからの挨拶
「来年はパリでパレードをやりたい」
と、海外進出に向け意気込みを見せた。
100-2.jpg

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。