TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿[kotobuki] in 韓国
寿[kotobuki]のDVD制作を依頼された。
活動25周年記念を記念してDVDにしたいという。
kotobuki.jpg

寿[kotobuki]はボーカル担当のナビィ(広島県安芸郡熊野町出身)と、ギター・三線担当のナーグシクヨシミツ(沖縄県那覇市楚辺出身)のユニットだ。

先日、撮影のため韓国まで同行してきた。
僕にとっては10年ぶりの祖国だったので、この仕事にとても感謝している。
会場となった仁川アートセンターには大勢の韓国人が詰めかけた。
お客さんは沖縄弁はもとより日本語すらわからないが、ナビイの生命力あふれる歌声に聞き惚れていた。
人は誰しも、この世に何か果たすべき役割があって生まれてくるとすれば、
この二人は歌を届けるために生まれてきて、出会うべくして出会ったのだろう。

そんな彼らの一音一音には迷いがなく力強い。
今後も彼らのライブに同行し、25周年記念にふさわしいDVDに仕上げたいと思う。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。