TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍版『チベットチベット』の装丁
河出書房新社へ行くと、編集の塚田さんは装丁案を三タイプ前にして言った。
「どれにしましょうか?」
見ると、同じダライラマの写真をメインにして、印象の違う本が三冊。
同サイズの別の本にカバーを着せて、まるで出来上がった本のように見えた。
どれも完成度が高く、僕は3冊とも出版してほしかったが、一つに決めなくてはならない

①、全体的に青と白で構成された、チベットらしいデザイン。作品中の写真を多用し、チベットチベットの内容がそのまま生かされていて、旅行記が中心に書かれているように見える。

②、全体的に赤と白で構成された、すっきりとしたデザイン。赤はダライ・ラマの法衣のようにも見える。内容はダライ・ラマのことが中心に書かれているように見える。

③、全体的に黒と白で構成された、やや硬いデザイン。白と黒だと新聞のような硬さが出て、内容はチベット問題が中心に書かれているように見える。

二人で迷った結果、に決定した。
理由はこうだった。

だと、元からチベットのことが好きな人にはいいだろうけど、普通の人は手に取らないかもしれない。

だと、ダライ・ラマのことが好きな人にはいいだろうけど、内容は紀行文的要素が強く、ダライ・ラマのことが全面に出ていないので読者をがっかりさせるかもしれない。

だと、チベット×中国の政治や人権の問題に興味がある人にはいいだろうけど、内容は新聞っぽくなく、紀行文的要素が強い。やはり読者をがっかりさせることになるのだろうか。しかし、紀行文の視線は旅人のものだが、内容的には十分ジャーナリスティックと言えるので、がっかりさせることはないだろう。

装丁に関して、田口ランディさんに聞いたことを思い出した。
「以前は、私もお任せしていたけど、やはり作者としてのこだわりを放棄せず、装丁デザインにも積極的に係わっていった方が後悔しないよ」

ですよね~、ほんと、何事も、最後までちゃんと係わった方がいいと思う。
本の発売は6月15日の予定だ。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。