TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助成金授与式
韓哲文化財団から次回作の制作費として助成金をいただくことになった。
東京駅南側の高層ビル、マルハン東京本社で助成金の授与式が執り行われた。
マルハン


 韓哲文化財団は、日本人と在日韓国・朝鮮人を対象に、歴史・文化・音楽・舞踊・スポーツ・福祉などあらゆる分野を対象に毎年助成者を募っている。
去年の夏、僕は沖縄で申請書を書き、次回作の企画書を添えて郵送した。
それが10倍の倍率をすり抜けて採用されたのだ。

企画内容は、日系ペルー人の生活をレポートするドキュメンタリー映画の構想だった。
在日韓国人の僕がカメラ片手にペルーへ行き、ペルーの日系人社会がどれだけ日本のことを思っているか? またどれだけペルーに同化したか? を伝える。
日系ペルー人を見つめることにより、在日コリアンの社会を別の角度から見ることができる、と思うのだ。
また、在日コリアンの若い世代がこの作品を見たら、在日であることにコンプレックスを感じなくてもいいと気がついてくれるかもしれない。
派手なキーワードがない分、地味に思われて見たがる人は少ないだろう。
日陰の映画だけど人を元気づけられる作品になると信じている。

他にも多くの人が助成対象と決まった。
CIMG8907_convert_20090331113938.jpg

マルハンの韓昌祐会長と
CIMG8902_convert_20090331114132.jpg

今の時代、お金にならない作品作りは難しい。
韓哲文化財団には心より感謝している。
撮影は秋頃から始める予定だ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。