TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎ふれあい館
hureai_0002.jpg


川崎にある川崎ふれあい館というところへチベットチベットの上映と講演に行ってきた。
この地域は在日韓国人が多く住む地域で、大阪でいう鶴橋のようなところだ。
タクシーにも「コリアンタウンまで」で通じる。

上映中、控室でコーディネーターの崔さんとこの後の流れについて打ち合わせしていると、いきなり「ヨッ!元気?」と言わんばかりに40代後半の男性がかる~いノリで僕らの間に入ってきた。そして延々自分の話をしだした。自分も在日韓国人だということ、最近まで府中大学へ留学(ムショ暮らし)していたこと、パソコンを勉強してること、卒業した中学へ遊びに行ったことなどだ。最後は宝物の古い白黒写真を見せてくれた。赤ちゃんの彼がお母さんにおんぶしてもらってる。彼は『じゃりん子チエ』のテツのようなキャラでものすごいインパクトだったが、聞けば崔さんも彼と初対面だという。これが川崎か、生の川崎に触れた気がした。

60人の観客の半分が在日韓国人で世代はばらばらだった。
いつもはダライ・ラマとはどんな人か? チベット問題はどうなってるのか? 制作裏話などを話すことが多いが、せっかくだから自分のアイデンティティの変遷をテーマに話した。
子供の頃は在日韓国人であることを恥じていた僕が、ルーツを認めることにより運命を受け入れられるようになり、やがては二つの祖国を持つ自分のことをラッキーだったと思えるようになった、という話。
質問コーナーの時に在日一世のおじいさんが映画の感想を言ってくださった。
映画のことも講演の内容も褒めてくださり、在日韓国人が舐めてきた辛酸とオーバーラップしたことを熱く語ってくださった。
僕は在日一世の人がチベットチベットにシンパシーを感じてくれたことが嬉しくてたまらなかった。

また行きたい、川崎市ふれあい館のホームページ
http://www.city.kawasaki.jp/25/25seiiku/home/fureai/hureai.htm
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。