TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書を捨てよ、旅に出よう
京都精華大学のAssembly hourというイベントに招かれた。
アセンブリーアワーとは"集会の時間"という意味。
今年で40周年を迎えるこのイベントは僕と同じ年だ。
CIMG9713_convert_20081015195522_convert_20081015195821.jpg

1968年より精華大学にさまざまな「時の人」が訪れ、数々の言葉を残してきた。
ここ10年を振り返ってみてもそうそうたる顔ぶれだ。
2007年度
マイケル・アリアス(映画監督・ビジュアルクリエイター)/『鉄コン筋クリート』 Directors Notes
2006年度
ちばてつや(漫画家)×竹宮恵子(漫画家)/マンガ界の明日はどっちだ!?
浦沢直樹(漫画家)×長崎尚志(マンガプロデューサー)
2004年度
茂木健一郎(ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー)/脳から見た美とはなにか
富野由悠季(アニメーション映画監督)/ガンダムから考える。固有なものとは何か?
2003年度
リリー・フランキー(イラストレーター)/夢みたいな『夢』探し~リリー・フランキー的哲学~
2001年度
高野孟(インサイダー編集長)/21世紀をリスタートさせる方法
萩尾望都(漫画家)/ チープな素材のディープな内実
2000年度
李鳳宇(映画プロデューサー)/映画を配る・映画を創る
1999年度
井筒和幸(映画監督)/憎たらしいほど愛しい≪映画≫
野田知佑(カヌーイスト・エッセイスト)/世界の川を旅する
村上隆(現代美術家)/PO+KU ART レボルーション
1998年度
仙頭直美(映画監督)/映像が映し出すもの~仙頭直美・学生との対話~
他・・・。

どれもめちゃくちゃおもしろそう。大学生っていいなあ・・・。
僕は一体何を学生に伝えたらいいのだろう。
僕に求められているのはチベットのこととダライ・ラマのこと、そして旅のことだろう。

チベットとダライ・ラマに関しては対談相手をお願いした。
14人のダライ・ラマ 上・下を翻訳された田崎國彦さんと渡辺郁子さんだ。
この本には歴代ダライ・ラマの歴史になぞらえてチベットの全て(国の成り立ちから現代の状況まで)が書かれている。それゆえ田崎ご夫妻は日本人の中では最も広く深くチベットの知識を持つ人といえるのだ。
CIMG9762_convert_20081025003912.jpg



僕はなんとかして旅の魅力を伝えたかった。
講演のタイトルは 書を捨てよ、旅に出よう とした。
寺山修二氏の有名な言葉「書を捨てよ、街に出よう」のパクリ的オマージュで気に入っている。
僕が旅をするのはなぜか?旅の根源的な魅力とは何か?
「理由なんかない。そこに山があるから登るんだ」と言ってしまえばそれまでだが、行ってない人を置き去りにしたくない。
もう少し面倒見のいい言葉はないかと考え、こう言った。
「旅に出ると主人公感がアップするからです」
味、景色、文化、など色々あるけど まあ、これに尽きますね。

学生からの質問で「旅の裏ワザを教えてほしい」と言われてこう答えた。
「若いころの旅はどこかストイックで武者修行のように捉えていました。それゆえ服装は最低限のものを着まわしていました。初めのヨーロパ旅行、次のインド、その次の中東、だけどその次の南米旅行で気がついたことがあります。それはある程度おしゃれした方が旅が楽しいということ。なぜなら外国で知り合う現地人にしてみれば、僕らは日本人の代表で、彼らには歴史ある先進国ジャパンに対する夢がある。そういうイメージに答えてあげる方がいろんな局面でリターンが大きいのです」
2005年のインド旅行ではハリジャン(最低カースト)の村に泊めてもらってた。あの時はポールスミスのシャツにリーバイス、さわやか系の香水もふっていた。すると自分がものすごく浮き彫りになるけど、そこらの小汚いバックパッカーとは別格の丁寧な扱いにしてもらえたのだ。
CIMG9799_convert_20081025004111.jpg
第一回アセンブリーアワーの講師だった寺山修二氏の写真の前でパシャリ!


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。