TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍昭恵さんのスマイルトーク
前内閣総理大臣、安倍晋三氏の奥さま、安倍昭恵さま。
DSC03516_convert_20080906154725.jpg
チベット問題に強い関心を持たれていて先日ポレポレ坐で開催されたイベント
“受難と祈り、チベットを知るための夏”にも来てくださった。

この度、安倍昭恵さんのお誕生パーティに招待していただいた。
会場は六本木のRAGAZZA(ラガッサ)というバー。
ボーイさんはみな男装の麗人という感じの人ばかり。
美しい顔立ちで黒のスーツをビシッと着こなし身のこなしもかっこいい。

お客さんは華やかなパーティドレスを着た人が100名ぐらい。
その日は一次会としてゴルフコンペもあり、1日中参加してる人も多かった。
昭恵さんは4位だったようだ。

女性歌手がハッピーバースデーを3回唄った。
ローソクの火を消す昭恵さん。
CIMG8354_convert_20080906145114.jpg


旦那さま安倍晋三氏から花束のプレゼント。
CIMG8357_convert_20080906145818.jpg
このトークが軽快でおもしろかった。
安倍さんは首相を辞任されてからどこか吹っ切れて各方面で男っぷりを上げている。


続いて、元内閣総理大臣の小泉純一郎氏のあいさつ。
と思ったら、ニュースペーパーの人だった。
CIMG8361_convert_20080906150148.jpg
福田康夫首相が辞任された直後につき、福田さん役の人はテレビ出演に忙しく不参加。
それにしても小泉さんは神がかり的に似てるよね。


続いて安倍晋三氏役の人のあいさつ。
途中で本物の安倍晋三氏が登場。
CIMG8362_convert_20080906150824.jpg
「小泉さんより完成度が低くて申し訳ありません・・・」に爆笑。


高木ブー氏のウクレレ演奏。
CIMG8382_convert_20080906151413.jpg
この日のブー氏にコメディアンの顔はなかった。
今日はミュージシャンとして扱ってくれ、というオーラが出ていた。


昭恵さんご本人によるフラダンス。
もう何年も習ってらっしゃるようで流れるような動き。
CIMG8375_convert_20080906152230.jpg

フラ特有の女性的包容力、フラを愛している。
CIMG8368_convert_20080906152610.jpg
笑顔を絶やさず動きに迷いがない。

これはピースをしているのではなく、♪二人で~・・・の手つきをしているところ。
だけどピースをしてるみたいでかわいかったので。
CIMG8379_convert_20080906153032.jpg


最後にこのバーRAGAZZAのオリジナルショーのご披露。
CIMG8386_convert_20080906153549.jpg
めくるめく美の世界。
ここのスタッフは男装の麗人だと思ってたら全員ゲイだったのだ。

美人どころに囲まれて、
アッキー、お誕生日おめでとう!!
CIMG8412_convert_20080906154055.jpg
ほんとは6月生まれだけど忙しくてこの時期にまでずれ込んだようだ。

最後のご挨拶。

「主人が総理大臣になる前、私はこうして皆様にご挨拶する時、スキャンダラスなファースト・レディになりたい!と言ってきましたが、それはもうなっちゃったので、次の東京マラソンを完走します!」
                                  
一国の総理大臣の妻がみんなの前でフラを踊ってくれて
ニュースペーパーの安倍さん役の自虐ネタに大声で笑ってる。
最近ははフルマラソン完走のために日夜走り込み。

昭恵さんの笑顔には
もうどうにでもして、というやるせなさがちょっと入ってる。
強烈な星の下に生まれついちゃったんだから本人もどうしようもないみたい。
自分の運命を受け止めた結果・・・だったら楽しんじゃえ
楽しむことと楽しませることの努力を怠らない。
常人を突き抜けちゃった境地、そこが魅力。


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。