TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14人のダライ・ラマ
田崎國彦氏・渡辺郁子氏と対談した。

田崎さんと渡辺さんは「14人のダライ・ラマ上・下」という分厚い本のの翻訳者だ。
この本には歴代ダライ・ラマの歴史になぞらえてチベットの全て(国の成り立ちから現代の状況まで)が書かれている。それゆえ田崎ご夫妻は日本人の中では最も広く深くチベットの知識を持つ人といえる。
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refISBN=9784393137260
31788653.jpg


田崎ご夫妻と話していて盛り上がったテーマは;">「ダライ・ラマ制度の功と罪」
まず僕がダライ・ラマに会った時の印象を言った。
「ダライ・ラマに会って思ったことは同じ偉い人でも総理大臣や大統領や財閥の会長のような類の人とは全然違った。圧倒的な存在感でクジラみたいに巨大で静かだった。選挙で当選し続るために国民にこびる必要もない。汚職やスキャンダルで失脚することがない立場。ダライ・ラマが転べば国民みんなで転びダライ・ラマとともに立ち上がる

と、言ったあたりからダライ・ラマ制度の功の部分にクローズアップされていった。
田崎さん渡辺さんの話を聞いて僕が感じたことを要約するとこのようになる。

 ダライ・ラマ制度の特徴はチベット国民の理想や希望がダライ・ラマの政治に反映されるようになっていて、その理想は「慈悲」に根ざしている点だ。

国民全体の理想的な意識の代表にダライ・ラマがいる。国民の理想が反映されるから、国民のダライ・ラマに対する尊敬と感情移入は大きい。

 先祖代々のダライ・ラマから知慧スピリチュアリティを受け継ぐことにより、ダライ・ラマ制度は熟成を増している。このやり方でチベットはもっとも理想的な人間らしい自己と社会の形成に成功している。


というような印象を受けた。

 しかしこれらの見解は話の流れで飛び出したこと。
これらのことを田崎夫妻はそれぞれ感じていたけど今まで言葉にすることはなかったようだ。
なぜなら正しく翻訳するのが仕事の第一義なために、自分の考えを持つことを自分に禁じていたようだ。

彼らの自論が発生する場を作りたい。

10月9日に京都精華大学のアセンブリーアワーというイベントに呼ばれている。
チベットチベットの上映後、90分のトークをする予定だ。
早速精華大学に連絡し、対談相手として田崎氏・渡辺氏を推薦するとすぐに快諾してもらえた。
1009_top.jpg
http://www.kyoto-seika.ac.jp/assembly/2008/1009.html



14人のダライ・ラマの生涯とともにチベットのすべてを知った田崎さん渡辺さん。
彼らの視点から見えてくるダライ・ラマ制度の功と罪。
二人の自論はアセンブリーアワーで初めてひも解かれていく・・・。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。