TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『 モウモ チェンガ 』 を見て
東中野のポレポレ坐で開催されているイベント
受難と祈り、チベットを知るための夏
モウモチェンガという映画を見て、監督の岩佐寿弥氏と対談した。

モゥモ チェンガ

変な名前の映画というなかれ。
めちゃかわいいチベット人のおばあちゃんの名前なんだから。
DSC0094111.jpg

 この映画はチベット難民キャンプに住む「モゥモ チェンガ=満月ばあさん」と呼ばれるチベット人のおばあさんの日常を描いたドキュメンタリーだ。日常の話なので派手さはない。しかしチベット人の日常とはどんなものか?この映画は正確に伝えてくれている。
 では なぜチベット人の日常を正確に伝える必要があるのか?それは、今のチベット人の日常の中には我々日本人が失ってしまった人間としての尊厳や美意識があるからだ。こう書けばただの回顧主義のように思うが実際ははっとさせられるシーンの連続だった。それはまるで効果的なジャブを何発も当てられたようなぐらいビシッバシッと打たれる。それが見どころ。

photo_m01.jpg


 岩佐寿弥監督は夫婦でネパール旅行をした時、4,5日別行動をした。活動的な奥さんはトレッキングにでかけ、岩佐監督は知り合ったチベット難民村でのんびり奥さんの帰りを待っていた。そこで見たチベット人の日常に驚いたという。
「チベット人は顔や姿そして感情までもが日本人と似ている。だが彼らには卑屈とか媚びへつらい、
あるいは自己嫌悪といった感情がないのではないか?と思わせるところがあって、その点が我々日本人と決定的に違うのである」と。

僕は卑屈になったり自己嫌悪陥ったり、そんなの何度でももある。

昔の日本人はどうか?
3丁目の夕陽の時代はどうだろう???
・・・確かに今よりみんな強かった。
自己嫌悪に陥る人もいただろけど全体的には高度経済成長で、頑張れば、或いはまっとうにしていればいい未来が来ると信じることができた時代。いじめっ子もいたけど今より人情派だった。パソコンで何百億も稼ぐ人もいなかった格差少なく隣近所助け合って和気あいあいとしていた。人間らしさという点では今よりよほどまともな時代だっただろう。

チベット人亡命者は涙ながらに祖国を離れ未だチベット問題は明るい兆しを見せないので遇は最悪と言える。3丁目の夕陽みたいな経済的明るい展望もない。そうなると卑屈や自己嫌悪その他人間のあらゆる闇の部分がたくさん噴き出すものだが、チベット人の日常からはその暗さをみじんも感じさせない。

それはなぜですか?と岩佐監督に尋ねたら
「チベット仏教だと思う」と言われた。
その言い方がものすごく印象的だった。
僕はあの口調で言ったのだから間違いないと思った。
この場合の あの口調 とは、監督が「なぜ彼らはこうも明るく人間としての尊厳を保ちいたわり合いながら生きられるのか?」と時間をかけて彼らを観察し、あらゆる角度から検証し、自分の思い込みや希望的観測が入ってないかも入念にチェックした結果、やはり彼らがチベット仏教を持っているが故、という答えに行き着いたことがわかる口調だったのだ。

映画にするということは自分の主張を出すことなので、作家として映画で間違ったことは絶対に言いたくないものだ。ましてや岩佐監督はいいかげんなことを言うのが大嫌いな性格だ。
岩佐監督が間違ったこと主張するのが嫌いになったトラウマ的体験を聞いた

岩佐監督は少年のころ終戦を迎え、政府の言ってたことが180度変わったことに相当な憤りを感じたらしい。今まで「戦争しましょう」、と言っていた政府が「はい、今日から外国と仲良くしましょう」と変わったわけだから、早熟な小学生だったら憤りも感じただろう。それが岩佐監督だった。
それ以来ずっと新聞読んでもニュース見ても政府の発表に対しては「ホントかあ?」という疑いの気持ちが晴れないという。
僕もどちらかと言えば「ホントかあ?」と思ってるけど、二十歳を過ぎるまで活字になってることはみんな正しいことと信じてた新聞にも嘘があるんだとわかった時はショックだった。それが少年の頃、敗戦を機にというのがドラマチックだね。

映画の終わり近く、モゥモ チェンガはダライ・ラマ法王に会いにダラムサラへの長旅に出かける。 その旅はとってもチャーミングなおばあちゃん旅行記だし、ダライ・ラマに謁見するシーンもラブリー。だけどそれらはこの映画の主張とは別のいわばファンサービスのお花添えなのだ。
その演出にダンディー一票!


●9月23日のモウモチェンガ上映情報
http://www.tibethouse.jp/event/2004/040923_movie.html

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。