TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア旅行3
毎朝、トゥクトゥクに乗って遺跡を見に行く。
この辺りの路はたいぶ覚えた。

IMG_2773_convert_20100127165640.jpg

アンコールワット以外にもたくさんの遺跡があり、アンコール遺跡群と呼ばれている。
僕は点在する遺跡をくまなく見て回るために一週間パスを購入した。

IMG_2661_convert_20100127170016.jpg

バイヨン。
ヒンズー教と仏教が入り交じった寺院。

IMG_2538_convert_20100127170523.jpg

栄枯盛衰の果てに
こんなにも巨大な寺院がジャングルに埋もれていたなんて。。。

IMG_2650_convert_20100127174930.jpg

50の塔に100の顔。
どれもクメール人の美意識を感じるものばかり。

IMG_2651_convert_20100127175703.jpg

彫刻も素晴らしいけど、
それ以前の土台である巨大な石の寺院の土木建築工事を思うともっとすごい。
大人数が駆出された様はピラミッド建築のようなのか。
公共事業だったピラミッドに比べ、アンコール建築は純粋な宗教修行の色合いが濃い。

IMG_2764_convert_20100127180024.jpg

これだけ大規模で非生産的なものを手作業で作っていた時代にタイムスリップ。

IMG_2612_convert_20100127180237.jpg

もし僕がこの時代に生まれていたら、バイヨン建築に携わっていたのだろうか?
それって幸せなこと?不幸せなこと?

家族がいて、食べていけて、
仕事はこの寺院の建設作業員として毎日が過ぎて。。。
やがて完成して仲間と喜び合って。

CIMG2268_convert_20100127181026.jpg

「ほら、あそこの塔、あの顔は特別美しいだろ、パパが作ったんだぜ」
「ふーん、すごーい」



スポンサーサイト
カンボジア旅行2
トゥクトゥクに乗って遺跡を見に行く。

IMG_2889_convert_20100125230814.jpg

お堀を渡ったら

IMG_2548_convert_20100125231148.jpg

アンコールワットが聳えていた。

IMG_2568_convert_20100126000849.jpg

ちょうど真ん中に修復中のシートがかぶせられ、まるで鼻に絆創膏を貼ったようだった。

IMG_2580_convert_20100125235738.jpg

中は広く奥行きがあった。
その規模の大きさに一国の歴史を感じた。
それは多分、外国人が皇居や御所を見た時に感じるインパクトに似ているだろう。

CIMG2244_convert_20100125231944.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。