TibetTibetの監督、キム・スンヨンのブログ
profile

キム・スンヨン

Author:キム・スンヨン
TibetTibetの監督、
キム・スンヨンによるブログです。

1968年生まれ。滋賀県出身の在日コリアン3世。97年、世界旅行の途中に北インドのダラムサラでチベット問題を知り、持っていたビデオカメラで撮影を開始。帰国後編集し、2001年3月に『チベットチベット』として完成させた。同年、雲南省に撮影旅行し『雲南COLORFREE』を制作、07年に公開。08年、BNN新社刊の映像作家年鑑『映像作家100人2008』に選出される。09年、沖縄の基地問題を訴える『心~ククル~UAやんばるLIVE』を監督。09年、書籍版『チベットチベット』完成(河出書房新社)。現在、インド放浪の魅力を伝える新作に取り組んでいる。09年冬頃完成予定。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSS



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダラムサラ スタディツアー
今年も3月10日には世界各地でフリーチベットのデモが開催される。
1959年3月10日にチベット人が蜂起した日だからだ。
もちろんダライ・ラマのいる北インド、ダラムサラでもデモは開催される。
その日はダラムサラで暮らすチベット人が一年で最も熱くなる日だ。
僕はそのデモに日本から参加しようと思う。
そして、どうせならたくさんの人と一緒に行きたいと考えた。
みなさん、僕と一緒に亡命チベット人の現状をこの目に焼き付けに行きませんか?
以下にツアーの詳細を記しますので、どうかご一読ください。
また、この情報をなるべく多くの人に届けることにご協力いただけないでしょうか。




『キム・スンヨン監督と行くダラムサラ、スタディツアー8日間の旅』
    開催日:2010年3月6日(土)~3月13日(土)


●コンセプト/
ダラムサラにて毎年3月10日に開催されるチベット決起のデモ行進に、チベット人と一緒に参加することにより、チベット人の現状をより深く理解・実感する。

●スタディツアーの効果/
現在のチベット支援をより効果的なアクションに発展させるきっかけになる。

●スタディーツアーの主な内容/
・デモへの参加
・チベタンチルドレンビレッジ(全寮制チベット難民学校)見学
・拷問被害者に直接証言を聞く
・ダライ・ラマのパレス見学
・パルコル(巡礼路)を歩く
・『チベットチベット』(英語版)の上映会(ダラムサラに住んでいるチベット人たちに見てもらう)
・ダライ・ラマ14世に謁見 注:お願いはしていますが、叶うかどうかその時にならないとわかりません。
・インド観光(デリー)

○デモへの参加について
おそらく朝から夜までデモは続きます。ダラムサラの街中を行進し夜はキャンドルを持って行進します。私達は慣れない土地で無理をして体調を崩さないためにも、デモ行進の全てに参加せずホテルやカフェで休憩しながら体力に合わせて参加します。

○チベタンチルドレンビレッジ見学について
亡命チベット人の子供たちの全寮制学校。18歳までの子供たちが親元を離れてチベット人としての教育を受けています。校長はダライ・ラマ14世の実の妹、ジェツェン・ペマさん。


●定員/ 20名限定 
●申込期間/ 2010年1月1日から20日まで。この時点で参加希望者が20人に満たない場合、ツアーは中止となります。
●申込方法/ メールかファックスで承ります。
お名前、参加者全員のお名前、連絡先を書いてください。
先着順ですのでお早めにお申し込みください。

         メール tibetragos@gmail.com ラゴス、ダラムサラツアー係
         Fax   077-534-5469 ヒマラヤトレッキングサパナ

●ツアー代金/ 29万5000円
●入金方法/ 1月20日にツアーが確定し次第、参加者には連絡致します。 
          10年1月31日までのご入金です。

〇別途費用としてかかるもの
燃油サーチャージ(おそらく1万円前後)
空港使用税(成田空港、デリー空港)
インドビザ代(約6000円、取得代行いたします。代行手数料は5250円)
任意の海外旅行保険
ダラムサラでの交通費

〇食事について
基本的に全てホテルでご用意致しますが、主にインド料理と中華料理です。ダラムサラには唯一日本食レストラン(ベジタリアン)がありますので、いざとなれば駆け込むことができます。また、ダラムサラは世界中から観光客が訪れるので、カフェやレストランは数多くあります。ホテルでの食事が合わない人は人気のレストランへ行くことも可能です。
大前提として、ダラムサラはインドの中でも貧しい地方なので、値段は総じて安いですがそんなにグルメなものはありません。

〇ダラムサラでの交通費を有料にした理由
ダラムサラ内での移動は現地のタクシーやバスを手際よく使う方がムダがないです。
料金は総じて安いです。ツアー客同士で臨機応変に分乗し、インドルピーを割り勘していただくこともあります。

●主催/ キム・スンヨン
●協力/ ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、ルンタプロジェクトダラムサラ

●ツアー会社/
ヒマラヤトレッキング サパナ
http://www.sapanatrek.com/
キム・スンヨンの義理の弟(浅原明男)が経営する旅行会社です。浅原も添乗します。



●主催者からごあいさつ

こんにちは、チベットチベットの監督、キム・スンヨンです。
チベット人にとって、3月10日はチベット蜂起の記念すべき日です。
ダラムサラでは毎年この日には大規模なデモ行進が行われます。
正当な怒りを非暴力的手段によって正当に表明する特別な日なのです。
私たちは遠く日本からこのデモに参加します。
それにより、「日本人の私たちもチベットを応援している」と、彼らに直接伝えることができます。
私たちにとっては、チベット人の現状をより深く実感&理解し、帰国後、多くの人に伝えるきっかけとなるでしょう。

デモへの参加に加えて、チベット難民の子ども達の学校TVC(チベタンチルドレンビレッジ)の見学や、拷問被害者から直接話を聞いたりなど、チベット人がおかれている現状を具体的に知ることができます。
また、現在ダライ・ラマ14世に謁見を申し込んでいます。もし謁見が可能となれば、直接ダライ・ラマ14世とお会いできるという大変貴重な経験ができます
ただ、3月9日は世界中のメディアがダラムサラに集中するのでダライ・ラマ14世も大忙しとなるようです。外国人の謁見はダライ・ラマの公務ですが、常にメディアが優先されます。
謁見が叶うかどうかはその時にならないとわかりませんが、可能な限り外国人からの謁見に応じてくださるようです。あまり期待しすぎないように注意してください。

このツアーでは僕がすべてをご案内いたします。
僕が大切にしたいのは、素直な心で見つめること、感じること、想うこと。
そのために、ダラムサラでのスケジュールには余裕を持たせました。
治安が良く小さな範囲のダラムサラでは、ある程度個人行動しても問題は起きません。
よくわからない人は僕と一緒に行動しましょう。


また、せっかくインドに行くのだからインド旅行も同時に楽しんでいただきます。
最終日はデリー観光です。インドは普通にしている姿が外国人には混沌として写る特別な国です。
思う存分インドのカルチャーショックを受けていただきます。

この企画は今回が第1回目です。
不慣れなことも多くご迷惑をかけることもあると思いますが、あまり制約の多いツアーにしたくありません。
そのため、他のツアー旅行と違い面倒見が良くないかもしれませんが、自由に余裕を持ってチベットを感じるにはこの方がいいと判断しました。
ぜひ、僕と一緒にチベット問題の現状をこの目に焼き付けに行きましょう。

                                         キム・スンヨン



●日程/ 2010年3月6日(土)~3月13日(土)

〇スケジュール                         〇食事とホテル
3月6日(土)                                       
09:30、成田空港集合
12:00、成田空港発→(エアインディア307便)→      昼、機内食 夜、ホテル
18:00、デリー着                         デリー泊(四つ星ホテル)   


3月7日(日)
朝、デリー発→(バスで約12時間)→             朝、ホテル 昼、途中のパーキングにて 夜、ホテル
夜、ダラムサラ着                         ダラムサラ泊(AnandPalace か Royal Palace)   


3月8日(月)
午前 パルコル巡礼路、ダライラマパレス見学       朝、昼、夜、共にホテルで食事
午後 TCV(チベタンチルドレンビレッジ)見学       ダラムサラ泊(AnandPalace か Royal Palace)  

3月9日(火)
午前 パルコル巡礼路、ダライラマパレス見学        朝、昼、夜、共にホテルで食事
午後 拷問被害者に直接証言を聞く             ダラムサラ泊(AnandPalace か Royal Palace)  


3月10日(水)                            朝、昼、夜、共にホテルで食事
午前・午後・夜  デモ行進に参加              ダラムサラ泊(AnandPalace か Royal Palace)  

3月11日(木)
朝、ダラムサラ発→(バスで約12時間)→          朝、ホテル 昼、途中のパーキングにて 夜、ホテル
夜、デリー着                            デリー泊(四つ星ホテル)   


3月12日(金)
日中 デリー観光                         朝、ホテル 昼、デリー市内のレストラン 夜、機内食
21:35、デリー発→(エアインディア306便)→         機中泊

3月13日(土)
08:00、成田空港着、解散

                          

〇ホテルについて
ホテルは今のところ未定です。
デリーのホテルは安全面を考慮し、四つ星ホテルとなります。
ダラムサラのホテルはAnandPalace か Royal Palaceまたは同等のホテルで三つ星クラスとなります。

○ホテルの設備について
デリーのホテルは先進国並みに充実していますが、ダラムサラは都会に比べてずっと貧しく、ホテルの設備もあまり充実していません。トイレは水洗ですが、トイレットペーパーはゴミ箱に捨てることになるでしょう。ホットシャワーは出ますが、夜中に浴びようとすると既にタンクにお湯は残っておらず水になっているかもしれません。
インド旅行はそこを笑えるか笑えないかで旅の楽しみが大きく左右されます。

○衛生面について
生水を飲まないなど、基本的なことを守っていれば問題ありません。
それでも何人かの人は体調を崩すでしょう。
特にお腹をくだすことが多いです。原因はおそらく慣れない食事とインドの刺激がストレスとなるのでなる人とならない人がいるのだと思います。
お腹を下すのはインドでは半ば当たり前のことと割り切るしかないので、さっさと直して速やかに楽しい輪に復帰したいものです。
僕の場合、先ずは正露丸を飲んで様子を伺います。こりゃ時間がかかる、と判断したら速やかに抗生物質を飲みます。すると大抵の場合は一晩で回復します。

〇旅の季節、服装について
日本の4月ぐらいの季節、服装とお考えください。
昼は十分に暖かく、夜になると涼しいです。
デリーは夏です。


○デリーからダラムサラへの移動について
デリーからダラムサラまで、貸切バスに乗って12時間かかります。
道は悪くなく、途中パーキングで休憩も取りますが、その道のりは長いです。
その分、車窓から見るインドの田舎の景色は見応えがあります。



●お問い合わせ
ラゴス、ダラムサラスタディツアー係
メール tibetragos@gmail.com  ラゴス、ダラムサラツアー係
fax 077-534-5469 ヒマラヤトレッキングサパナ

スポンサーサイト
『チベットチベット』のマネージャー募集!!
『チベットチベット』のマネージャーを募集しています。
日々の仕事に追われて、チベットチベットを広めるまで手が回りません。
どなたか、チベットチベットの担当になっていただけないでしょうか。
また、お知り合いの中で「この人こそ適任!」という方がおられましたら、ご紹介いただけないでしょうか?
大阪、第七藝術劇場上映
大阪のミニシアター、第七藝術劇場でチベットチベットの上映があり、舞台あいさつをしてきた。
・十三

第七藝術劇場は、大阪の十三(じゅうそう)という歓楽街にあり、キャバレーなどに交じったレジャービルの六階にある。
来てる人は若い人はパラパラで、中高年が多かった。
その日は午後4時からの一回上映だったから、その時間帯のお客さんが来てるという。
今は12:25と19:15の2回上映になったが、昼帯には昼帯のお客が別にいるというのだ。

              27002052_1245_1.jpg

メジャー映画をやらないミニシアターは経営が厳しいと言われるが、第七藝術劇場は大阪の映画好きな中高年市民に支えられながら、今後も元気に存続していくような気がした。

上映スケジュール
7/11(土)~7/17(金)
連日12:25(~14:00終)
連日19:15(~20:50終)

※7/18(土)~7/20(月・祝)は休映

7/21(火)~7/24(金)の3日間のみ
連日16:50(~18:20終)

新書『チベットチベット』発売
ついに、『チベットチベット』が本になった。
原稿はすべて自分で書いたけど、映画以上に産みの苦しみを味わった。
苦労した点は、作者の心の変遷を文章化することだった。

本カバー帯あり


思えば撮影中は無我夢中で、後でどうなるとも知らずに、衝動と感覚だけで目の前に起こったことにカメラを向けていた。
映画では映像を見せればそれ以上の説明は不要だったけど、本では全部書かなくてはいけない。
それだけに映画は当時の僕でも作ることができたけど、文章にすることは今ぐらい成長してからでないと無理だったように思う。
また、この本を書くことにより、成り行き任せだった自分の行動にも一つ一つに理由があることがわかった。その点では僕も読者の一人のような気持ちで読めるのだ。

田口ランディさんに素敵な帯を書いていただいた。

でっかい世界に等身大で挑んだ青年、キム・スンヨン。とまどいも、弱さもすべてをさらけだして、ありのままの自分に世界を映していく彼の生き方に共感する。若造であることは恥ではない。自らの無知に気づかないことが恥なのだ。では、気づいたらどうするか。学ぶしかない。彼が自らの血と肉でつかみとったチベットの現実。それは簡単に変えることができないが、キム・スンヨンは現実の前で己の価値観が変容することを体験した。人は変れる。だから必ず道はある。そのことを、この本は教えてくれる。 
作家 田口ランディ


こんなの読んだら、僕でも買いに行きたくなった。
ランディさん、本当にありがとうございます。

実際に売っているところを自分の目で確かめたいと思い、近所の本屋さんへ行ってみると、どこにあるのかわからない。
店員さんに聞くと、国際情勢のコーナーにあるという。
なに?国際情勢・・・って、僕ってジャーナリスト?
本や
気合の入ったノンフィクション本の中に、実はゆるい本が一冊紛れ込んでいた。
親に「海外留学すると」言って嘘をつき、お金を出してもらって旅に出て、成り行き任せでジャーナリストになった(?)経緯については、確かにノンフィクションなのだが・・・。

何はともあれ、この本の出版により、一人でも多くの人にチベットの事実を伝えたい、と心より願っている。
チベットに興味がありそうな知人友人がおられましたら、どうかご紹介いただけないでしょうか。

アマゾンでも買うことができます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4309244823

最近の上映情報
●渋谷アップリンク
2009年6月20日(土)~7月3日(金)&7/5(日)
毎日15:00からの一回上映
渋谷区宇田川町37-18トツネビル2F(渋谷東急本店右側道200m右側)
料金 当日¥1,500/学生¥1,300/シニア¥1,000
http://www.uplink.co.jp/x/log/002611.php
*7/5(日)15:00より書籍『チベットチベット』(河出書房出版)発売記念上映あり!


●大阪第七藝術劇場
2009年7月4日(土)~7月17日(金) 
http://www.nanagei.com/


●新宿Naked Loft
Naked Loft 2009年環境問題プロジェクト
「映画「チベット チベット」から考えるチベット問題」
http://www.loft-prj.co.jp/naked/

日時7月21日(火) 
OPEN18:30 / START19:30
会場Naked Loft新宿
東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F
出演キム・スンヨン(映画監督) / 難波章浩 (ミュージシャン) / 田中優(未来バンク事業組合理事長)
料金 前売¥2,000(+1drinkから)/ 当日¥2,500(+1drinkから)
ご予約 6月12日からローソンチケット(Lコード:37338)、Naked Loft店頭電話予約受付けます。
入場順:1.ローソンチケット→2.Naked Loft電話予約
問い合わせ:tel.03-3205-1556(Naked Loft)






書籍版『チベットチベット』の装丁
河出書房新社へ行くと、編集の塚田さんは装丁案を三タイプ前にして言った。
「どれにしましょうか?」
見ると、同じダライラマの写真をメインにして、印象の違う本が三冊。
同サイズの別の本にカバーを着せて、まるで出来上がった本のように見えた。
どれも完成度が高く、僕は3冊とも出版してほしかったが、一つに決めなくてはならない

①、全体的に青と白で構成された、チベットらしいデザイン。作品中の写真を多用し、チベットチベットの内容がそのまま生かされていて、旅行記が中心に書かれているように見える。

②、全体的に赤と白で構成された、すっきりとしたデザイン。赤はダライ・ラマの法衣のようにも見える。内容はダライ・ラマのことが中心に書かれているように見える。

③、全体的に黒と白で構成された、やや硬いデザイン。白と黒だと新聞のような硬さが出て、内容はチベット問題が中心に書かれているように見える。

二人で迷った結果、に決定した。
理由はこうだった。

だと、元からチベットのことが好きな人にはいいだろうけど、普通の人は手に取らないかもしれない。

だと、ダライ・ラマのことが好きな人にはいいだろうけど、内容は紀行文的要素が強く、ダライ・ラマのことが全面に出ていないので読者をがっかりさせるかもしれない。

だと、チベット×中国の政治や人権の問題に興味がある人にはいいだろうけど、内容は新聞っぽくなく、紀行文的要素が強い。やはり読者をがっかりさせることになるのだろうか。しかし、紀行文の視線は旅人のものだが、内容的には十分ジャーナリスティックと言えるので、がっかりさせることはないだろう。

装丁に関して、田口ランディさんに聞いたことを思い出した。
「以前は、私もお任せしていたけど、やはり作者としてのこだわりを放棄せず、装丁デザインにも積極的に係わっていった方が後悔しないよ」

ですよね~、ほんと、何事も、最後までちゃんと係わった方がいいと思う。
本の発売は6月15日の予定だ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。